2017-08-16-raspbian-stretch-liteでWi-Fi

Wi-Fi付のRaspiなのでeth0の固定IP化に続きWi-Fiの設定をする。(有線LANが確実だけどどうしてもWi-Fiでつなげたい場合があることから)

/boot/cmdline.txtの末尾にnet.ifnames=0はeth0の時と同じ

従来は/etc/network/interfacesに設定を記述していたがこのファイルの中身を見ると

# Include files from /etc/network/interfaces.d:

とあります。

そこで interfaces.dのディレクトリにwlan0.confというファイルを作成し中身を

としました。

wpa_supplicant.confの記述 詳細はman wpa_supplicant.confに有ります。

設定後の反映コマンドが不明確です。ifup・systemctl start networking等色々やっていたので、、、なので再起動後

IoTの端末として使う為に固定IP化をする dhcpcd.confの末尾に記載しました。

再起動後

IPアドレスが設定通りになっていることを確認

SSIDパスワードの暗号化

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告