iPhone5バッテリー交換_リスクあり

落語視聴用のiPhone5を誤ってお布団で一緒にねてしまいました。翌日気がついたときには、放熱できず+バッテリー寿命が原因と思うが、本体をパンパンに膨らませてしまいました。画像の通り白い樹脂も裂けてしまっている酷い状態。

ホームボタンも強く押さないと反応しない状況でした。Amazonで交換用バッテリーを購入し壊れる事を覚悟で分解交換してみました。

交換前で酷い状態です。これでもなんとか動いていました。

2箇所の☆型ネジをはずす(画像は外す前)

付属の吸盤をホームボタンに密着させて徐々に液晶を剥がしていく。膨張したバッテリーが液晶を押し上げていたので比較的簡単に剥がしていくことができた。密着している場合弾性があり元に戻る力が強力でなかなか剥がすことが出来ないのではと感じた。
完全に液晶は外す必要はないこの状態で作業する。
見にくいがバッテリーが膨らんでる。

外すネジは2箇所

外した後の状態。バッテリーが膨張していたせいか粘着はあまり強くなかった。無理せずゆっくり外す。ケースアルミの平面加工に精度を出すためエンドミルを使っている切削面がでてくる。(工数掛かっていると感じる)

外したバッテリーぷっくりと膨らんでいる。

純正とコネクタ・フレキケーブルの造作がちょっと違う ここではコネクタを取り付けるのみ

コネクタ取り付け後はフレキシブルケーブルがちょっとはみ出している。

おさえのプレートを元に戻してフレキシブルケーブルをコネクタとバッテリーの隙間に入れ込む。

ホームボタンの逆(画像左)側から慎重にはめ込んでく Lightningコネクタ脇の2箇所の☆ネジを締めて完成。また落語視聴に戻れる。

 

パンパンに膨らんだバッテリー。どのように処理をしたらいいのかな??

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告