PR-S300NEルータ機能無効にしてYAMAHA RTX1200をルータにする

お仕事で使っているYAMAHA RTXシリーズが『神』なので自宅のオールインワンレンタルルータPR-S300NEのルータ機能を無効にしてRTXにルーティングを任せる手順。本当はレンタルルータを止めたいのだけれど、テレビと電話がこの配下なので完全撤去は出来ません。PR-S300NEは一度壊れてレンタルバックを使っている状態です。(とくに中古だからといって問題は有りません)レンタルのこの機種はWebGUIのレスポンスも鈍いしVPN機能なくちょっといけていません。秋葉原で中古のRTX1200を入手しましたのでこちらでインターネット接続するまでの記録です。

PR-S300NEですること

設定のバックアップを取得(念のため)

接続先設定のチェックを外し切断する

インターネット接続を全て切る(インターネット接続はRTX1200にお任せ)
 基本設定⇒接続先設定(IPv4 PPPoE)⇒接続可のチェックボックスを全て外す

PPPoEブリッジ使用する(初期設定のまま)

詳細設定⇒高度な設定⇒ブリッジ設定
PPPoEブリッジ使用するのチェック

DHCP設定を無効にする

RTX1200にローカルIPを付与してはいけない為

RTX1200でする事

RTX1200にインターネット接続可能なconfigを書き込み

RT-300NEのLANポートとRTX1200のLAN2(設定にもよる)をLANケーブルで接続

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告