YAMAHA RTX1200とモバイル端末L-03Dでインターネット接続

IMG_2092

お客様展示会でインターネット接続環境を作るための設定。 当初はWi-Fiルータを使って有線環境を作りたかったのですが、有線LAN母艦付きのWi-Fiルータの手持ちは無いので、RTX1200・L-03D・OCN-ONEの組み合わせで構築しました。WAN側からのアクセスが必要であったためにVPN設定とIPアドレスの変動があるためYAMAHA Netvolante DNSの設定を行いました。

やはりYAMAHAのネットワーク製品『神』です。外国製ルーターではとても自分では無理です。

ルータ YAMAHA RTX1200
データ通信機器 NTT Docomo Xi L03-D
LTE回線 OCN ONE

設定項目としては

インターネット接続 LAN1接続のホストからインターネットへ
L2TP IPSecプロトコルによるVPN接続 WANからLAN1に入る
YAMAHA Netvolante DNS WAN側のIPは接続の都度変わるためNetvolante DNSでのホスト名解決を図る

RTX1200のConfig

試行錯誤で現在のConfは以下の通り

Netvolante DNS

コマンドでホスト名を登録しました。hogehogeが希望するホスト名となります。

検証でRTX1200を再起動したところWAN側のIPが当然ながら変わりました。直後にホスト名で接続が出来ました。

WindowsVPNクライアント設定

YAMAHAのVPNクライアントソフトのライセンスも所持していますが、Windowsに付属しているクライアントでも接続出来ています。設定後の画面キャプチャ貼り付けとなります。

000

ホスト名はもっとキチンとしています。

001 002 003 004 005 006

参考URL

YAMAHA設定例 モバイルインターネット
YAMAHA設定例    L2TP IPSec
匠技術研究所 ヤマハルーターのダイナミックDNSを設定する

匠技術研究所様にはRTX1200の設定講習(小杉の会場)でお世話になりました。ニーズに合った講習を組んでいただき大満足いたしました。そのときのお教えいただいたことが今回役に立ちました。感謝です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告