WindowsServer2019 Hyper-V ReplicaをWorkGroupで構築した記録

Hyper-V

すでにHyper-Vの役割がインストールされている環境

プライマリホスト レプリカホスト
SVHV-1020.local SVHV-5020.local
hostsファイルでFQDNを解決
自己署名証明書をPowershellで作成  
 

Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\Users\Administrator> New-SelfSignedCertificate -Subject “svhv-1020.local” -DnsName “svhv-1020.local” -CertStoreLocation “cert:\LocalMachine\My” -HashAlgorithm SHA256 -KeyAlgorithm RSA -KeyLength 2048 -KeyExportPolicy Exportable -NotAfter (Get-Date).AddYears(30) -TestRoot

PSParentPath: Microsoft.PowerShell.Security\Certificate::LocalMachine\My

Thumbprint Subject
———- ——-
D4E65F9BF5FB96945CF728E9BAC92E6EEA8EA581 CN=svhv-1020.local

PS C:\Users\Administrator> New-SelfSignedCertificate -Subject “svhv-5020.local” -DnsName “svhv-5020.local” -CertStoreLocation “cert:\LocalMachine\My” -HashAlgorithm SHA256 -KeyAlgorithm RSA -KeyLength 2048 -KeyExportPolicy Exportable -NotAfter (Get-Date).AddYears(30) -TestRoot

PSParentPath: Microsoft.PowerShell.Security\Certificate::LocalMachine\My

Thumbprint Subject
———- ——-
B54452BE7E3C6F2E40A5D046FEABEDC2C536774B CN=svhv-5020.local

 
マイクロソフト管理コンソール mmc  
 
スナップインの追加と削除  
 
証明書 追加  
 

コンピューターアカウント

 
 
 
CertReq Test Rootを信頼されたルート証明機関にコピペ  
 
 
個人証明書のエクスポート svhv-1020.local svhv-5020共  
 
証明書のエクスポートウィザード  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
続いて CertReq Test Rootのエクスポート  
 
 
 
 
 
 
 
  SVHV-1020.localでエクスポートした3ファイルをSVHV-5020.localにコピペしてインポートを行う
 
  Root.cerをインポート(ダブルクリック)
 
 
 
 
  信頼されたルート証明機関-証明書にインポートされたことを確認
 
  個人証明書のインポート SVHV-1020,SVHV-5020共
 
 
 
 
 
 
 
 

レジストリの編集

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Virtualization\Replication

Firewallの設定 Hyper-VレプリカHTTPSリスナー(TCP受信)規則の有効化
レプリカの設定  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました