Sunhayato_DK-911組立

大人の夏休みの工作として確保していたサンハヤト製ドロッパー電源キット組立の簡単な記録。学校の教材なので組立取扱説明書がとても丁寧に出来ています。抵抗のカラーコード読み方・コンデンサの容量・半田付け方法・リードの曲げ方などが記されている。


開梱すると部品がみっちり詰まっている。ドロッパー(トランス方式)なので容積の割に重たい。

ブロック毎に部品類は小分けされていて分かりやすい。

3端子レギュレータはのちのちケースと共締めするため垂直に曲がりなく半田付けする必要あり 

説明書のチェックリストを確認後、キューブ状のちょっとかわいい電源できあがり。

感想
さすがMade in Japan!キッティングのきれいさ。部品過不足無し。上記の通り取扱説明書が緻密。完成後もかわいい形状で気に入りました。スイッチングに比べてノイズが少ないはずなのでVolumio(RaspberryPi3)の電源として音質が良くなればいいと思う。その他にも活躍しそう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告