Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)適用失敗orz

ここのところWindowsUpdateで失敗ばかりする。今回は素に近い業務用途のWindows10 PC 富士通製FMV-D587/SWのアップデートトラブルになります。

クライアント曰く『更新プログラム』適用後2回程再起動したら画面が真っ黒けでその後何もできません。(>o<)

電源ボタン長押し後再度起動するとOSを元に戻すメッセージを経てOSが立ち上がりました。履歴を表示してみるとやはり、、、

結果コード0xC1900101より調べてみたところ
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/deployment/upgrade/resolve-windows-10-upgrade-errors#0xc1900101

よく報告される結果コードは 0xC1900101 です。 この結果コードは、ダウンレベル フェーズを例外として、アップグレード プロセスのどの段階でもスローされる可能性があります。 0xC1900101 は汎用的なロールバック コードであり、互換性のないドライバーの存在を示していることが一般的です。 互換性のないドライバーが原因で、ブルー スクリーン、システム ハング、予期しない再起動が発生することがあります。 多くの場合、次のような補足ログ ファイルの分析が役立ちます。

そうですか、、補足ログファイルを見ないと詳細は分からないのですね。取り急ぎ端末での業務を優先するために適用を35日間行わないをONしてしのいでいます。端末が少しいじれるようになったらイベントログから補足ログファイルを観察してみようと思います。今回はOSが以前の状態で立ち上がる復元まで。。

ほとんどがドライバーが原因って元々Windows10のバンドルで導入している機体なのにねぇ。怪しきは【Intel HD Graphics 630】かな?

機体は違いますがグラフィック関連のトラブルで元に戻した例
http://yeh.jp/blog/windows10april2018update_intel620/

これから業務端末はWindows10を導入を進めていく中でとてもとても不安があります。導入台数はまだ少ないですが、問合せは圧倒的に多くて最新OSは困ったちゃんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告