Trend Micro Apex One2019ホスト移行記録

Hyper-V

サーバ機体老朽化に伴いTrend Micro Apex One2019のホスト移行のスクショベースの記録。

0:移行前後の環境

  移行前 移行後
Machine HP DL380G6 MR7200E-L Corei7-4770K
仮想基盤 XenServer6.5 WS2019 Hyper-V
GuestsOS WS2012R2 WS2019STD MEM=8GB

1:準備編

1-1:Microsoft SQL Server Management Studio 以降SSMSインストール

1-2:IP OR サーバ名ベース構築の確認(IPアドレスベース)

1-3:ApexOne2019最新版にUpdate 
  Update前 Update後
ApexOneビルド 8422 9233
統合SmartProtectionServer Ver 3.1 3.1
統合SmartProtectionServer Build 2039 2044

1-6:サーバ証明書待避後 拡張子変更

Apex Oneのビルドが比較的新しいのでTrendMicro手順に掲載されているServer Migration Toolを使っての移行が不可。

別のフォルダにコピーして拡張子をpfxとする。旧環境で設定したパスワードが移行サーバのコマンドで必要となる。

2:データベースのバックアップ

2-1:サービス ofcservice停止

2-2:TCP Dynamic Ports確認

Sql Server Configuretion ManagerでTCP Dynamic Ports確認 当環境は56678動的に変わるので自環境のみです。

2-2:サーバへの接続(別ホストから接続) Server02,56678 とし接続

2-3:DBのバックアップ


バックアップファイルの待避(移行後に復元する用)

3:新ホストApex One2019インストール最新Patch含む


アクティベーションCD入力
 法人カスタマーサービス & サポートよりアクティベーションCDを取得


サーバ認証証明書新しい認証証明書を生成する(PFXファイルは手元にあるが、、、)

4:データベースのリストア

実際はサーバ再起動⇒再度サービスの停止で復元が出来た。(詳細不明)
この再起動前までは『データーベースの復元に失敗』が続き諦めの気持ち

4-1:サービス ofcservice停止

4-2:サーバーへの接続 

移行後サーバにSMSSをインストールして接続した

4-3:データベースの復元

移行前サーバでDBバックアップしたファイルは移行後同一フォルダに格納済
ページの選択⇒オプション 既存のデータベース上書きする のラジオボタンをチェック

5:サーバ証明書適用

1-6で待避し拡張子を変更したファイルを移行サーバの任意の場所(今回はC:\Share)に設置 コマンドで証明書の適用を行う

C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Apex One\PCCSRV\Admin\Utility\CertificateManager>CertificateManager.exe -ine パスワード C:\share\OfficeScanAuth.pfx

Certificate Authentication Manager has successfully completed all tasks. Trend Micro recommends running a certificate backup (-b) of the latest certificate files.

サーバの手動アップデート手動アップデートアップデート中

6:移行完了して

移行前のXenServer環境ではVMをExportしても最新のHyper-Vにインポート出来るかの手がかりが探せませんでした。WindowsServer2019環境のHyper-Vゲストとして最初から構築をしました。文中でも型番を印しておりますが移行後サーバは8年落ちのPCとなり機体として適していないことは明白です。基幹系ホストの入替でサーバ機体が押し出されてそのVMマシーンとしてインポートを予定しています。それまでNonUPSで動き続けてくれることを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました